帰化

帰化

国籍法によれば、帰化を許可する権限を有するのは法務大臣であり、日本の帰化の種類は普通帰化、特別帰化(簡易帰化)、大帰化の三種類が認められている。

☆帰化の要件

・普通帰化 婚姻等により日本人とのつながりのない外国人の帰化要件
1)引き続き5年以上日本に住所を有する
2)20歳以上で元の国の法律により行為能力を有する
3)素行が善良
4)自分または配偶者その他親族の資産・技能で生計を維持できる
5)無国籍又は日本国籍取得により元の国籍を捨て得る
6)日本政府に暴力により害をなしたり、害をなす政治活動等に参加を企てたり、参加したことがないこと
・特別帰化(簡易帰化) 一定の要件を満たせば簡易に許可される。広い意味では普通帰化に含まれる。
たとえば、日本人との結婚などにより日本人とつながりを持っていれば居住期間などに優遇措置。
・大帰化 普通帰化や特別帰化の要件は満たさないが、日本に特別の功労がある場合に国会の承認を得て許可される。

☆帰化の許可率

帰化は、事前に面談をした地方の法務局が申請の可能性を認めてこれを受理すれば、ほぼ99%は許可となる。

☆審査期間はおおむね半年から1年