協同組合設立

☆協同組合とは

発起人は4人以上で、それぞれが事業主であること。
協同組合の組合員は下記の要件を満たすこと。
1)事業者の資本金が 工業では3億円以下、卸売業は1億円以下、小売業またはサ-ビス業は5千万円以下の法人であること
常勤の従業員数は 工業は300人以下、卸売業は100人以下、小売業は50人以下、サ-ビス業は100人以下
上記を超える場合は公正取引委員会に届け出ること
2)所管行政庁 東京都、関東経済産業局など組合の地区、業種で異なる。)

☆設立認可基準

1)発起人が法廷基準を守り、組合員になろうとする者であること
2)創立総会の開催公告が適法であること
3)創立同意者が組合員資格を有すること
4)創立総会の定足数が適法で各議案・議決が適法
5)定款・事業計画内容が中小企業等協同組合法その他法令に違反がない
6)定款の内容、組合の構成が組合の目的・事業計画に矛盾も不均衡もないこと